日本コストエンジニアリング株式会社 ロゴマーク

標準コスト見積りシステム・シリーズ

背景・根拠

コストダウン | 精密プレス品見積りシステム

本システムは、小物プレス量産品で、図面表示が一品一葉の単品ものを素早く見積もるのに適し単発、順送プレス、トランスファプレスを中心に、その前後工程についてプログラム化されています。

  • 車両部品、電気部品、パソコン部品、カメラ部品、印刷機部品などの量産加工部品のコスト見積りに適します。
  • 加工部品の大きさは、最大900mm×1800mm 最大加工板厚は、4.5mmまで加工可能。
  • 適用材種は鋼板、平鋼、丸棒、四角棒、六角棒、丸パイプ、角パイプ、アングル材です。

本システムには、下表のワークセンター(工程・設備機械)が搭載されており、それぞれの設備機械作業について、ワークデザインがされた後標準作業方法と標準加工条件が定められ、世界標準であるWF法で作業時間測定された結果を標準時間テーブル緒元とし、併せて標準加工費率がそれぞれデータプログラム化されております。

本システムが、自社に適用できるか否かは、これら前提条件の上で対象とする部品や製品群からして、次のワークセンター範囲内で製作可能か否か及び以下に示すわずかな図面情報と物づくり情報入力で標準的コスト水準が得られることが効率的か否かを判断すると良いでしょう。

搭載されているワークセンター仕様

システムの実行事例



システムの実行事例のフローチャート

コスト工学・図書シリーズ

背景・根拠