日本コストエンジニアリング株式会社 ロゴマーク

板金製缶加工品見積りシステム


システム導入の検討・手順はこちら



本システムは、大物構造物や特殊車輌、建設機械などAssy品の見積りに適し、切断、溶接、ベンダープレスを中心に、その前後工程からなっております。

■車両のキャビン,シャーシー,配電盤,ボックス部品,電機部品,工作機械や包装機械,印刷機械などのフレーム,架台,自動販売機,券売機,その他装置類のカバーなどのコスト見積りに適します。

■単部品の加工物板大きさは,最大1800mm×3600mm 最大加工板厚は,80mmまで加工可能。

■適用材種は鋼板、平鋼、丸棒、四角棒、六角棒、丸パイプ、角パイプ、アングル材アングルチャンネル、I型鋼、H型鋼材です。 適用材種は鋼板、平鋼、丸棒、四角棒、六角棒、丸パイプ、角パイプ、アングルチャンネル、I型鋼、H型鋼材などである。



システムの概説はこちら


客観的・最新コストテーブルが搭載されているシステム仕様
 

■ 本システムには,下表のワークセンター(工程・設備機械)が搭載されており、それぞれの設備機械作業について,ワークエリアの設計がされた後,作業方法と加工条件が定められて作業時間が測定されています。
 作業方法については,世界標準であるWF法が採用され、加工条件は理論値に一定の安全率を加味した標準値を導き加工時間テーブル化してあります。また加工費率(賃率)については、業界別最新の設備価格や直近の労働条件から得られた賃金テーブルが標準値としてプログラム化されております。
 本システムが、自社に適用できるか否かは、こうした前提の上で対象とする製品群が、次のワークセンター範囲内で製作可能か否か判断するは合理的です。














Copyright (C) 2018 日本コストエンジニアリング株式会社 All Rights Reserved.